一。当社の朱赤は生命力の赤と丹田力(たんでんりょく)を表す橙、
  その中間の朱赤を使用しています。
   人の体の中には七つのエネルギーの渦があり、それぞれの役割があるそうです。

(ア)生命力の色は赤です。(赤いパンツや昔からの赤ふんが使われるのと同じです。)
(イ)昔から、何かあると下腹に力を入れなさいと言われましたが、
   へその下指二本おいたところが人間の大事なところ、腹(丹田)で考える・・と言いますが。
   この色が橙で感情をつかさどります。
(ウ)精神力の色は黄色でみぞおちあたりです。
(エ)胸に位置するのは協調性、愛情を表す緑。
(オ)社会性コミュニケーションは、のどに渦があり青色です。
(カ)額には先見力、第三の目があり、色は紺です。
(キ)テレビの時代劇を見ると病気の殿様は頭に紫色のはちまきをよくしています。
   相手の同意を求め、悟りを開くのは紫です。  

二。血液(生きている)の色であり、日の出
  の太陽の満ち満ちたエネルギーの色です。

三。色彩学では朱赤の持つ波長がとても長く、目に届きやすい色です。

四。明治二十五年に創業した青木タカから今日までの思い、情熱(歴史)を朱赤に託しています。

 上記の四つの意味、つまり《長く生きる色》を大切に考えています


Copyright(C)2007 青木光悦堂 All Rights Reserved